初期費用を数年で回収できるコインランドリー経営

subpage01

コインランドリー経営に乗り出す場合、意外と初期費用がかかることが指摘されています。


活用していないテナントなどがあればそれを利用すればいいですが、場所などを一から探して、洗濯機や乾燥機の設置など様々なことをしていくと、結構な額になってしまいます。

しかし、根強い需要があり、たった数年で初期費用を回収することができ、もし自前のテナントなどを確保している場合にはもっと早く回収をすることができます。

コインランドリー経営をする場合にはそのあたりの回収スピードを計算しておきたいところです。初期費用として、機材の費用が相当かかることになります。

最新鋭の洗濯機や乾燥機を設置しようものなら、たった1台だけで相当な金額がかかってしまいます。
もちろん、最新鋭ということもあり、それだけコスト面ではプラスになることが多いものの、最初のうちは中古のものを利用し、費用を回収してから最新のものにしていくことがおすすめです。
コインランドリー経営が軌道に乗ってからでも十分に間に合います。

コインランドリーを経営が有名になってきました。

数年で回収をすることができる条件としては根強い需要、毎日のように利用をしてくれる人がいるかどうかです。



雨が何日か続くと全ての洗濯機が稼働するような状況となりますが、基本的には晴れの日の需要を想定し、そこでの売り上げをベースにすると計画が立てやすくなります。
雨の日は黙ってても人が来るため、晴れの日にも来てもらえる施策を考えれば、初期費用を少しでも早く回収することができ、規模を拡大させることも可能です。