コインランドリー経営のリスクとは

subpage01

不労働所得を得る手段として人気が高い不動産投資は、副業や老後の年金以外の収入として幅広い世代から注目されている一方、空室や空家の問題など競争が激化しています。

基本も充実したコインランドリーを経営の詳細についてはこちらです。

そこで賃貸などの不動産業に変わるオーナー業として注目を浴びているのがコインランドリー経営です。


その人気の秘密は、店舗を賃貸している場合は約15%、自己物件であれば約20%の利回りという高利回りですが、初期費用が高く強豪も増えるなどリスクも十分に考慮する必要があります。



高利回りが期待できるコインランドリー経営は、その利便性の良さで独身者だけではなく、共働き世代にも利用者が増えニーズが高くなっています。



また経営に関しては、オーナーの業務として集金や両替、店舗の清掃など管理の手間が少ないのが魅力で、手間がかからず高利回りなのが一番の魅力となっているようです。その一方で、コインランドリーの店舗開業には多額の費用がかかります。店舗運営するにあたって洗濯機、乾燥機、洗剤などの販売機、内装や外装などのコストがかかり、店舗の大きさにもよりますが1000万円以上の負担が強いられます。

そしてランニングコストも目立ちませんが大きな負担になりやすく、蛍光灯はもちろん空調などのエアコンも季節によってはフル稼働しますので、月10万円以上かかる店舗も多いようです。また、立地条件によって大きく経営が左右されやすく、認知されて固定客がつくまでには時間がかかるのも特徴です。

このようにコインランドリーは高額な初期費用や事業の経営センスが大きく問われますので、安易に高利回りだけで飛びつくのは危険です。